正常な血糖値とは?

健康診断の結果で、『血糖値』が高いとか低いとかいわれて再検査になることはありますが、では正常値がどれくらいなのか?ということはあまり記載されていません。『血糖値』というのは、一人の同じ人間でも一日の間でかなり変動があります。そもそも『血糖値』とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度をあらわした数値です。食事を取れば血液中のブドウ糖量は一気に上昇しますから、『血糖値』が上がります。血液中のブドウ糖濃度が下がると、人間は空腹感を感じるようになっていますので、空腹時に計測すれば『血糖値』は低いというわけです。つまり、一日三食が基本の人間の場合、一日の間で『血糖値』は何度も上下を繰り返すことになります。一日の間で変動を繰り返す『血糖値』は、正常値がどれくらいと設定するのが難しいのです。一般的には食後45分~1時間後の一番『血糖値』があがった時に140mg/dl未満が理想的な数値といわれており、食後2~3時間で食前の『血糖値』に戻るといわれています。食後2時間後に『血糖値』が180mg/dlを超えていると『血糖値』が高いといわれ、140mg/dl以下なら正常と判断されています。一般的に正常値といわれる80~100mg/dlという数値は、空腹時の数値になります。ですから、『血糖値』に関しては、測定するタイミングが大変重要です。また、『血糖値』が50mg/dlを下回ると低血糖といわれ、そのまま低下すると危険ですから、70mg/dl以下になったら糖分を摂取する必要があるといわれています。酵素サプリで酵素ダイエットの仕方も簡単に