『血糖値』が低くなると、人間は動くエネルギーを失います。何らかの原因で『血糖値』が極端に下がってしまうと、それは車でいうガス欠の状態を招き、最悪の場合はそのまま意識を失って生命の危険に瀕することさえあります。逆に『血糖値』が高いまま放置すると糖尿病になってしまいます。糖尿病は殆ど自覚症状が無いため、知らないうちに進行してしまっていることが多いのです。糖尿病が進行すると、生命に危険を及ぼす様々な合併症を引き起こしてしまうので、早めに『血糖値』を下げる必要があります。『血糖値』を下げる方法にも色々あるのですが、まず、その原因を知ることが重要です。血液中の糖分は、すい臓から分泌される「インスリン」によって分解されます。その「インスリン」が分泌できていなかったり、分泌量が足りない場合には、「インスリン」を注射などで補う必要があるでしょう。しかし、体内での「インスリン」分泌が正常の場合には、『血糖値』の異常な上昇の原因は食べ過ぎや糖分の取りすぎなどの生活習慣ということになります。ですから、『血糖値』を下げるためには、食生活の改善と適度な運動を行い、生活習慣を改善する必要があります。一般的には生活習慣を改善できれば『血糖値』のコントロールができます。その生活改善の基本が、食事内容の見直しをして暴飲暴食を避けるということです。糖分やカロリーの過剰摂取を控えることを常に心がけるのはもちろん、飲酒、タバコ、運動不足、ストレスなども様々な面で影響を及ぼしますから、生活を全般的に見直す必要があります。車 売るつもりですか?

健康診断の結果で、『血糖値』が高いとか低いとかいわれて再検査になることはありますが、では正常値がどれくらいなのか?ということはあまり記載されていません。『血糖値』というのは、一人の同じ人間でも一日の間でかなり変動があります。そもそも『血糖値』とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度をあらわした数値です。食事を取れば血液中のブドウ糖量は一気に上昇しますから、『血糖値』が上がります。血液中のブドウ糖濃度が下がると、人間は空腹感を感じるようになっていますので、空腹時に計測すれば『血糖値』は低いというわけです。つまり、一日三食が基本の人間の場合、一日の間で『血糖値』は何度も上下を繰り返すことになります。一日の間で変動を繰り返す『血糖値』は、正常値がどれくらいと設定するのが難しいのです。一般的には食後45分~1時間後の一番『血糖値』があがった時に140mg/dl未満が理想的な数値といわれており、食後2~3時間で食前の『血糖値』に戻るといわれています。食後2時間後に『血糖値』が180mg/dlを超えていると『血糖値』が高いといわれ、140mg/dl以下なら正常と判断されています。一般的に正常値といわれる80~100mg/dlという数値は、空腹時の数値になります。ですから、『血糖値』に関しては、測定するタイミングが大変重要です。また、『血糖値』が50mg/dlを下回ると低血糖といわれ、そのまま低下すると危険ですから、70mg/dl以下になったら糖分を摂取する必要があるといわれています。酵素サプリで酵素ダイエットの仕方も簡単に